• nishi

メンテナンス

最終更新: 4月22日

今日はマシンのウエイトスタックの清掃と注油を行いました。


トレーニングは当然ながら身体に負荷を掛ける作業であり、細心の注意を払っていても少なからずリスクを伴います。


動作フォームはトレーナーである自分が指摘修正すれば済む話ですが、

それと同じく使用器具にも不備があってはなりません。


例えば、マシンに使用されているケーブルに納得がいかない場合、より強度が高くスムーズに動く別のケーブルをアメリカから取り寄せ交換しています。


多くのアップデートを経て、現在のFLEX2の使用器具の満足度は70%


現在検討しているのは

・オーダーメイドのスミスマシン導入

・米国FLEX社製のレッグプレス導入

・ケーブルクロスマシンの省スペース化

・スタンディングプリチャーカール台導入


もっとも難儀なのはFLEX社製レッグプレス。

国内でこのマシンが出回ることはまずなく、米国からの中古品をコンテナ輸入しかありません。

現行マシンは別会社に買収され、僅かにテイストが変わっています。



20歳の時に通ったボディビルの聖地、ベニスゴールドジムに置いてあるこの名器。


画像はネットから拝借


見ての通りフットプレートは小さく、動作バリエーションはメジャーなICARIAN等に比べ圧倒的に少ない。


しかし、このマシンの四頭筋への負荷の乗りは世界一であり、その他安全面含めた構造も文句なし。


画像の外国人達は使い方が上手でなく、このマシンの特徴を活かせていませんが。


奥のもう一台も同様のマシンになってますが、以前は赤のICARIANでした。

いつも順番待ちになっていたので、導入の要望が多かったのでしょう。


シート変更のセンターラダー式は、最近では日本のメーカーBULL(製造は韓国)が参考にし取り入れているようです。


このレッグプレスやラットフレクサー、センターアームのレッグEXなどなど、

FLEX社製は名器が多く、FLEX2というジムの名称も無意識下でそこから発祥しているかも知れません。


いつかきっと、、



最近はプロテインを豆乳で飲むことにハマっています。

動物性+植物性ということでバランスもいいのでは。

摂取量は1日15〜30g程度。





FLEX2

nishi


住所: 千葉県千葉市中央区院内1-12-6 第13CIビル2階

TEL: 043-304-6407

メール: info@flex2chiba.com

営業時間: 11:00〜21:00

​定休日: 水/金

Personal Workout  Chiba

© 2017 flex2chiba.com