• nishi

塩分を極める

コンビニをよく利用するのですが、

そこにある味噌汁や梅干しなど日本古来の食品に記載されているのは


「減塩」という言葉。


個人的には正直言っていい迷惑、余計なお世話他なりません。

通常の製品との2択ならまだしも、もはや減塩タイプしか売っていません。


日々運動をし、汗も比較的かきやすい体質です。

お酒も飲むため、水分の排出は必然的に多くなります。

その修復に必要なのはプロテインでもアミノ酸でもエナジードリンクでもなく、塩です。


ここ10年ほどで糖質制限というものが過剰に流行ってしまった弊害は、世間も既に気付き始めていると思いますが、塩分も理由を深く考えずに避けられているものの一つと思います。


汗に含まれる塩分は0.3%と言われており、1リットルに換算すると3gの塩分が失われていることになります。

3gの食塩相当量というと減塩味噌汁2杯分です。


自分がサーフィンをした後に体重を測ると水分補給はしていても大体2kg減っています。

ということは味噌汁4杯分の塩分が失われていることになります。

それを放置して水だけ飲んでいたら、脱水症状を起こします。

スポーツドリンクや経口補水液、病院で行う点滴に塩分(ナトリウム)が含まれるのには理由があります。



人は塩好き


例えば、

ボウル一杯に盛られたサラダをドレッシング無しで食べられるでしょうか。

分厚いステーキをソース無しで、焼肉をタレ無しで、寿司や刺身を醤油無しで、、


ラーメン、チャーハン、唐揚げ、焼き鳥、ビーフジャーキー、ポテトチップス、パスタ、お好み焼き、牛丼、カレーパン、それら全ての調理から塩分を抜いたものを食べたいでしょうか?


実際に挑むと、塩分を含まない食事はなかなか喉を通りません。


個人的に「美味しい」という感覚の大部分は、「しょっぱくて嬉しい」だと思っています。


逆に言えば、必要量の塩分を確実に摂れば、無意味な過食による肥満はなくなるのではとも考えます。

現在のところ塩分ダイエットという主張はないようですが、近いうち世に出てくるのではないでしょうか。


食事からタンパク質(肉や卵や大豆など)を摂る際には、同時に何かしら味付けの塩分を摂ることになります。

しかしプロテインなどのサプリメントに塩分はほぼ含まれません。

さらにヘルシーな食事というのは総じて味の薄いものになりがちです。


この辺もボディメイクによる弊害で、気づかぬうちに塩分不足を引き起こしている人も増えているのではと考えます。


※高血圧や腎臓に障害があり医師からナトリウム制限をかけられている人はそれに従うべきです。


しかし、日常的に運動する人や汗を多くかく夏場など塩分不足に陥りやすいのは確かなので、

闇雲に減塩するのでなく、自分のスタイル合わせて摂取しましょうという話。


自分は車に岩塩を砕いたものを常備しており、時々ぺろぺろと舐めています。

やっていることは牛と同じ。。



FLEX2

nishi