• nishi

緊トレ


筋トレには緊張感が必要です。

それをどのような時に感じるか

キツく苦しい種目に臨む時

重い重量を挙げる時

初めての種目の時

人に見られている時

普段と違う環境で行う時

しかしながら人間は慣れます。

筋トレは慣れとの戦いでもあります。

トレーニングがマンネリ化し、なんだか効果・変化がないように感じている人は、

自身のトレーニングに緊張感があるのか問いかけてみましょう。

多くの人はなんとなくセットに入り、自分の許容範囲で可能なことを繰り返しているだけになっているはずです。

それでも身体はそれなりに疲れます。

でも前回も全く同じように疲れています。それをもう一度行なったまでです。

これはトレーナーとして指導している時にも、動作やその様子ですぐにわかります。

心の中で「完全に手を抜いているな。。」

でも基本的には何も言いません。他者に指摘されて変わるものではないからです。

トレーニングを行う目的は人それぞれであり、その程度も異なります。

しかし、なんとなくトレーニングを行うのであれば、「休む」という選択をするのもひとつかと思います。

今日はレッグプレス、ベンチプレス、ラット風種目を行いました。

ベンチプレスは110kg2レップスが軽々とお弁当箱のように挙がりました。

120はもちろん、やはり今年中に130kgは挙げておきたいところです。

ラット風種目も前回より5kg増やしました。

閉店後なので、お化けが出そうな暗さの中。

flex2

にし


住所: 千葉県千葉市中央区院内1-12-6 第13CIビル2階

TEL: 043-304-6407

メール: info@flex2chiba.com

営業時間: 11:00〜21:00

​定休日: 水/金

Personal Workout  Chiba

© 2017 flex2chiba.com